日本の『文化・風習・道徳心』を世界へ発信

映像を作りながら日本を味わいつくす自由人

どんな内容も物語のある作品に仕上げる、映像マイスターの古野修作です

私には幼い頃のこんな楽しい記憶があります。週末になると、近所の家族が集まって観るのが定番だったロードショー。
近所のおじさんが感動してボロボロと泣いたり、一緒に笑ったり、ハラハラドキドキしたり。
いつもかっこいい大人たちが見せる表情から、『映画って人の感情をこうも揺さぶるものなんだ…!』と感じ、気がつけばこの世界で活躍したい!と思っていた。

大学時代、大手企業の映画制作会社へ現場見習いとして参加するきっかけを掴み、プロがひしめく撮影の現場をひと夏がむしゃらに体験する。
日本映画界を代表する監督の演出や俳優の芝居、『活動屋』と呼ばれる映画スタッフの熱気を肌で感じ、朝から晩まで働きづめでもただただ楽しい!と、この世界で生きることを決心する。

卒業後にサラリーマンとして社会経験を経て26歳で本格的に映画界へ。フリーランスとして数多くの撮影現場で経験を積み重ね、映像制作での活躍の場を拡げてきた。映画以外にも、NHK・民放のドラマや、海外制作作品、CM、PV、ドキュメンタリーなど、知名度が高い作品も含めて50以上の映像制作に関わってきた。
20年もの間、映像業界に関わり、アナログからデジタル、SNSや配信などの台頭など激しく移りゆく時代の中、映像に対する価値観や作り手の方法も大きく変化していると感じてゆく。

その中で、自分で出した答えは、「自社企画で映像制作をする」ということ。
誰もが持つ『個性的な魅力』を楽しさと喜びの輝きを共に伝えられる映像作品を、私の最大限の力を出し切って作る!
そして、私の使命は「日本の魅力を世界に発信する」ということ。
日本人が、心から“素晴らしい”と価値を感じられるものを届けたいと思いを胸に、作品づくりに取り組む。また映像・動画制作の魅力を伝え、個々の感性で『人の心を動かす映像』を作ることを目指したセミナーや体験会なども実施している。

 

2019年に独立、株式会社誌音巻を設立。映画=シネマに、(志を繋ぐ言葉)(咲かせあう笑顔の音色)(未来への映像絵巻)の意味を込めた。

スローガン
「オンリーワンの輝きを映像で表現しよう!あなただけのシネマ作りを応援します!」

特殊能力
状況を見聞きすると映像作品構成モデルが瞬時に浮かび、様々な作品のご提案ができる

株式会社 誌音巻(しねま)代表取締役。

撮影依頼・お問い合わせ